2020.03.26開設

一枚の絵から生まれる曲もある

作詞にしても作曲にしても、伝えたい事ってあると思うのですが、

誰かに気持ちを伝えたい

こういう事が言いたいんだ!

っていう、感情表現。

今回はその感情表現に、深みを持たせたり、説得力を高めたりできる手法を考えてみましょう。

音楽を創る上で、その制作手法を沢山あると思うのですが、

一枚の絵から制作するというのも一つの手法です。

この手法は作品に深みと説得力を持たせるのに凄くマッチしているんですね。

 

 

メリットとしては、

「作品のバックグラウンドに統一感を出せる」

という事に尽きます。

このバックグラウンド。実は作品には凄く重要です。

特にシンガーソングライターにはかなり重要な事かもしれません。これがないと表現に統一性がなくなってしまう訳なんですね。

 

 

バックグラウンドってなんだ!?となると思いますが、つまり、

作詞、作曲、アレンジ、演奏
これらは全て作品として具現化されているので目に見え、耳で聞く事が出来ますが、バックグラウンドは感じる事でしか存在を維持できないのです。

逆に言えば、具現化し見せなくて良いもので、感じておくものなわけですね。

 

俳優さんや声優さんなどは、過去に演じた役柄を期間を空けてもう一度演じなければならない場合でも、見事にバックグラウンドをフィードバックさせて演じ切ります。

いわゆる、世界観というものです。

 

「雨上がりの朝」というイメージなら、季節はいつなのか、どんな場所なのか、雲はまだあるのか、アスファルトはまだ濡れているのか、人通りはあるのか、時間は何時なのか。

作品としては具現化されていない、そういった細かな背景があるのとないのとでは大きく違います。
作詞などは特にそうかもしれません。

 

これは同じテーマで作品を創り続ければわかるのですが、例えば前述の「雨上がりの朝」をテーマに10個の作品を創る場合、

こういった世界観がハッキリしていないと、どれも似通った作品になりやすくなるわけです。

 

これが、一枚の絵から作品を創るとそれがそのままバックグラウンドになるわけです。

曲を作る時も、詞を書く時も、演奏する時も、その絵が浮かびます。何曲も演奏したり制作したりするアーティストにとってこれが大切なんですね。

 

さらには、その絵の前後のストーリーを自分なりに創ってみても面白いかもしれません。
そうすると、今度は、その絵の場所にたどり着いた時の曲が出来るかもしれませんし、その場所から旅立つという曲が出来るかもしれません。

さらにさらに、自分なりに絵の10年後を創造してみるのも面白いですね。

色々とイメージが膨らんできましたか?

今回は絵でしたが、写真でも良いと思います。何か一つ、すでに具現化されているものから音楽制作をしてみては如何でしょうか?

>DTMerによる雑記blog「極東Under Script」

DTMerによる雑記blog「極東Under Script」

人生楽しく行く!ゲーム、料理、恋愛、音楽を主に語る。他にも音楽制作ログ、音楽研究 作曲公開なども

CTR IMG