2020.03.26開設

楽器初心者だからこそ出来るオリジナル曲がある

演奏が上達してからでは気付かない事が確実にあります。それは、技術力を補う創意工夫です。
筆者もたまに、過去に作った曲を振り返る時がありますが、
「ほ~ぅ、なるほどな」
と、ド未熟な自身の作品に恥ずかしながら感心する事があります(笑)

演奏は鼻で笑ってしまうくらい下手なのですが、今の自分が成形してやれば過去の自分よりかは何とか形には出来るかなと。

つまり、現状が未熟であっても、それは過去の自分に完成を任せましょう。ということです。

それよりも、今の自分にしか感じ得ない感性を形として残す事が大切なのだと思います。
演奏技術や、楽曲制作にに関する知識など、音楽の面からもそうなのですが、何より、その時よく遊んだ友人・知人、遊びに行った場所、住んでいる場所、恋人についてなど、その時の環境でなければ生み出せないものが必ずあります。

同じシャッターチャンスは二度とは訪れてくれません。

音楽に限ったことではないかも知れませんが、なかなか現在の自分に100%満足できる様な状況はありません。
多くの場合、何かの課題を残して次のステップに進む事になります。

つまり、飢餓感の様なものを常に持ちながら制作をしているわけであり、自己追及をし、より完成度の高い作品を求めていく以上、現状の自分に100%満足してしまうと、そこで終わってしまいます。

演奏が上手くなくても、未だ初心者であっても、音楽に対して謙虚な姿勢と向上心さえ捨てなければ自然と必ず上達します。

それはそれとして、残したい事、伝えたい事を具現化する為のツールとして音楽が目の前にあるのなら、未完成でも、未成熟でもオリジナル曲の制作に手を出してみる事をお勧めします。

皆さんも早速今日から如何ですか?

>DTMerによる雑記blog「極東Under Script」

DTMerによる雑記blog「極東Under Script」

人生楽しく行く!ゲーム、料理、恋愛、音楽を主に語る。他にも音楽制作ログ、音楽研究 作曲公開なども

CTR IMG