2020.03.26開設

DAWソフトに簡単に始められるものはない

最近ではDTMによる音楽制作が深く根強く浸透してまいりましたが、これからDTMを始めようという方も、DAWソフトには興味があるのではないでしょうか?DAWソフトを使用した音源制作の普及率は目まぐるしいものとなっています。皆さんはどんな基準でDAWソフトを選ぼうと考えていますか?

・買ってすぐにデモ音源が作れるもの
・起動させるための設定などが簡単なもの
・頭の中のイメージを直感的に具現化できるもの
・あまり音楽の知識がなくても直ぐに曲ができるもの

などなど、総合して「簡単なもの」を望む意見が非常に多いように感じます。

ですが、残念ながら上記のようなDAWソフトは存在しないと考えた方がいいでしょう。
なぜなら、どんなDAWソフトも何らかの難しさはあるからです。
初めてDAWソフトに触れるわけですから、乗り越えなければならない壁の1つや2つは必ずあります。

一昔前ならば、機能面で各メーカー毎に大きな格差がありましたが、現在のDAWソフトは殆ど差がありません。やる事、出来る事は、ほぼ同じです。

「2本目のDAWソフト選び」という事でしたら、話は変わってきますが、初めてのDAWソフトという事であれば、それはもう、「慣れ」でしかありません。極端な話ですが、デザインが良いからこのDAWソフトに決めたという理由でも構わないくらいです。

また、DAWソフトに備わっている機能を全て使わなければ出来ない楽曲なんて滅多にありません。必要な機能を必要な時だけ使えば良いだけです。新しい機能が使いたくなれば、その時に説明書を見ればよいのです。

ですから、最初から自由自在にDAWソフトを操る事は不可能なわけで、また最初から自由自在に操れるようにDAWソフトはできていません。

現在のDAWソフト事情でも、昔に比べれば参入障壁は格段に低くなっているのです。ドライバー問題、オーディオインターフェースとの相性問題、そもそもインストール自体出来ない、など様々な弊害がありましたが、乗り越えて現在に辿り着いています。ですから、この先、もっともっと、簡単に始められる様になっていくとは思います。

ですが、腰を据えてそれを待っているわけにもいきませんので、とりあえず現在のDAW事情に「慣れ」ていく事が現状で出来る最良の手段であると言えるでしょう。

DAWソフトに関して言えば、相性は作り上げていくものであり、使い倒す事でしか解決できないように思います。
冒頭で述べた、
・買ってすぐにデモ音源が作れるもの
・起動させるための設定などが簡単なもの
・頭の中のイメージを直感的に具現化できるもの
・あまり音楽の知識がなくても直ぐに曲ができるもの
これらを解決するには使い倒すしかありません。逃れられない事なのです。

それよりも大事な事は、「DAWソフトとの縁」を大切にすることです。
知り合いが持っているDAWソフト、いつも使っているスタジオにあるDAWソフト、なんとなく画面が綺麗だなぁ~と思ったDAWソフト、など、縁やゆかりで選ぶ事の方が重要です。周りに使っている人がいるという事は、分からない事があれば聞ける人がいるという事で得難い環境ですし、見た目に愛着があると制作の気分も断然違います。

P.S
ちなみに筆者のDAWソフトはDigital Performerですが、名称が「Performer」の頃から使ってます。かれこれ20年以上も経ちますが、当初はMIDI機能しかありませんし、そして、なんとマニュアルはすべて英語だったんですね~。。どうやって設定して立ち上げたかというと、

何度も何度も買ったお店に通って、店員さんに教えてもらった

という事なんですね。分からない事がある度に同じ店員さんにご教授頂きました。本当に感謝しています。
筆者は英語が全然ダメだったので(と言ってもSaveとかLoadはわかりますよ)、一つ一つメニューをクリックして、機能を確かめながら制作していました(汗)

人との出会いや縁を大切にしたDAWソフト選びも良いものですよ。

>DTMerによる雑記blog「極東Under Script」

DTMerによる雑記blog「極東Under Script」

人生楽しく行く!ゲーム、料理、恋愛、音楽を主に語る。他にも音楽制作ログ、音楽研究 作曲公開なども

CTR IMG