DTMはノートパソコンかデスクトップか?|DTMパソコンの選び方



ドスパラタワー型ゲーミングパソコン
ドスパラノート型ゲーミングパソコン

ドスパラノート型パソコン
ドスパラタワー型パソコン


DTMはノートパソコンかデスクトップか?

スポンサード広告

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO

DTMパソコン選びで必ず迷うのが、ノートパソコンかデスクトップパソコンかです。皆さんもすでに迷われている事と思います。その真っ最中かも知れませんね。ノートパソコンは持ち運べるけれど、ノートパソコンを買える予算があるなら同じ予算帯のデスクトップの方が高性能だし。。。

 

とすでに不安がいっぱいです。本来なら、ノートパソコンの様に持ち運びが容易で、かつデスクトップの様にコストパフォーマンスが良いパソコン。そんなパソコンがあれば、迷わずそのパソコンを購入するでしょう。しかし、それも現状のテクノロジーでは中々難しいですよね。

 

そこで今回はノートパソコン・デスクトップ、それぞれの得意・不得意を探り、またどんな音楽スタイルの人に向いているのかを見ていきたいと思います。

 

ノートパソコンとデスクトップパソコン 結論から言えば・・・

ノートパソコンとデスクトップパソコンのどちらが良いかと言えば、両方所有する方が良いです。プロの現場では高性能なデスクトップパソコンをメイン機、ノートパソコンをサブ機として使用している場合が多いです。

 

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO

場所を選ばない手軽さから、ノートパソコンで移動しながら仕事をしたり、ロケを敢行したり等、メモ帳の様に利用し、自宅のデスクトップパソコンで本格的に形にしていくという感じですね。

 

他には、ノートパソコンを完全に音源モジュール化(ノートパソコンにソフトウェア音源をインストール)して、ノートパソコンから出した音をデスクトップパソコンでレコーディングするといった事もします。

 

このように、ノートパソコンとデスクトップパソコンのそれぞれ得意な部分を上手く使い、いわゆるオイシイ使い方をしていくのが理想的です。

 

とはいえ、いきなり両方を購入するとコストがバカになりませんし、結局どちらかをあまり使わなかった。。などという事も実際ありえます。オーバースペックやデッドスペックと言ったりしますが、そうならない為に、このサイトでは、皆さんの現在の制作環境を考え、どちらを優先的に購入すべきかという、優先順位を重点的にご説明していきたいと思います。


DTMを行う理由を5つの中から選び明確にしておこう

DTMソフトを購入した時点で、DTMを始める目的は決まっていますが、もう一度冷静に振り返ってみましょう。
DTMを使用する目的として大きく分けて下記の5つがあります。

  1. シンセやDJツールなどを駆使し、デモ音源を制作する。いわゆる音楽を作る
  2. パソコンを1つのサンプラーや音源モジュールとして使用する。いわゆる演奏が目的
  3. レコーディングやマスタリングなどに使用する
  4. PAシステムに組み込み使用する
  5. 上記を複合的に使う

これらの内どれを選択するかによって、すでにノートパソコンが向いているか、デスクトップが向いているかはほぼ決定しています。
DTMは素晴らしいシステムですが、唯一の欠点は

何でも出来てしまうがゆえに決断を鈍らされてしまう
という点にあります。

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO

ですから、

ミュージシャン志向でDTMと接するのか
エンジニア志向でDTMと接するのか
PA志向でDTMと接するのか
複合的に接するのか

私たち使用する側が、明確な用途を持って扱っていかなければなりません。

 

では、次項からはノートパソコン・デスクトップそれぞれの魅力について見ていきましょう。

 

次項:ノートパソコンをDTMに使う魅力について

 

関連リンク

ライブハウスでDTMしたい!何が必要!?


DTMパントリーは皆様にとってよりよいサイトを目指しております。誠にお手数ではございますが、サイト向上の為、当サイトについてアドバイス、訂正箇所、誤認、などございましたらこちらまでご連絡下さいませ。

スポンサー広告

 

DTMはノートパソコンかデスクトップか?|DTMパソコンの選び方に関連する記事一覧

ノートパソコンをDTMに使う魅力とは

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO ノートパソコンは音楽を作る事を考えている人に向いているいわばミュージシャンですね。ライブハウス活動やストリートミュージシャン、DTMミュージシャンなど、0から1を生み出していかなければならないクリエーターや、楽器を様々な場所に持ち運びする演奏者にとってはノートパソコンに多くのメリットが含まれています...

≫続きを読む

レコーディングエンジニアに対して「やりたい事」の意思表示が容易

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO ミュージシャンとしては、完成イメージをどれだけ形にできるかが重要なポイントになってきます。良い曲、良い演奏テイクをレコーディング出来ても、ミックスダウンで方向性が変わってしまうと残念な結果に終わってしまう事も多々あります。そんな時、即座にノートパソコンを取り出しエンジニアに原曲の方向性を聴いてもらう...

≫続きを読む

リハーサルスタジオなどでもレコーディングが出来る

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO ノートパソコンなので、もちろん電源いらずで持ち運びが自由!どこででもレコーディングが可能です。スタジオなどでは、ちょっとした演奏を客観的に聴いてみたい時が多々ありますよね。よりシビアに自分たちの演奏を撮りたい時などは、オンマイクで8トラック同時録音なんて事も簡単に手間いらずで行えます。そして何と言っ...

≫続きを読む

チョットした空き時間を利用して直ぐに本格的な作曲が出来る

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO 電車や車で移動中はもちろん、スターバックス、マクドナルドでも自宅と同等の作曲環境を得る事ができます。環境や場所が変わっても、同じ環境を維持できるのは大変資産価値が高いと言えます。いつも同じ景色で作曲するよりも、外に出て行き交う人を眺めながら作曲したりすると、いつもとは違ったアイデアが生まれる事が多い...

≫続きを読む

環境音の素材を好きなだけ録音できる

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO 足音、電車の音や川の音、車のエンジン音など非常に資産価値の高い自分だけのオリジナル環境音を場所を選ばず制作できます。今までだと、アイデアは浮かんでも物理的に不可能だった制作がノートパソコンでは可能になり、内から湧いてくる無限の欲求に応えてくれるというのは、ミュージシャンにとって非常に心強い制作環境を...

≫続きを読む

ライブハウスで簡単に打ち込みなどによる同期演奏が出来る

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO 出来上がった曲を単純にライブハウスで再生し同期演奏するという事のメリットの他に、パラアウトでPA卓に送れるというメリットがあります。通常LRのステレオでPA卓に送るところをパラアウトと言って、シンセトラックだけ、コーラストラックだけのように、トラックを独立させてPA卓に送る事により、様々なライブハウ...

≫続きを読む

デスクトップパソコンをDTMに使う魅力とは

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO デスクトップパソコンは音楽を録音する事を考えている人に向いているデスクトップパソコンをDTMに使用する理由は、ノートパソコンの様に手軽に持ち運びができない分、豊富な拡張性と性能の面で優れているという点です。ハードディスクやSSDなどの記録媒体の搭載数も3~4基とノートパソコンの約2倍以上の搭載が可能...

≫続きを読む


トップページ 管理人コラム