GALLERIA(ガレリア)QF765HE|BTOでDTM専用ノートパソコンを作ろう!|DTM大作戦!初心者の為のDTM講座



ドスパラタワー型ゲーミングパソコン
ドスパラノート型ゲーミングパソコン

ドスパラノート型パソコン
ドスパラタワー型パソコン


DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載

GALLERIA(ガレリア)QF765HEは様々なDTMスタイルにベストマッチ

スポンサード広告

ノートパソコンDTMの優位性に余す事なく応え、さらに無限の可能性を感じさせるノートパソコン。ドスパラから販売されているGALLERIA(ガレリア)QF765HEは自宅・スタジオ・ライブハウスにと、まさにオールラウンドで活躍できるDTMに最適なノートパソコンです。

 

それでは早速、その性能について特筆すべき点を1つ1つ見ていきましょう。

ツインドライブ構成

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載

まずは何と言っても、15インチの省スペースながらツインドライブである点でしょう。ツインドライブの利点は、OS用のドライブと楽曲制作用のドライブに分割管理できる点です。(詳しくは当サイトブログ「DTM初心者の為の学校では教えてくれない制作環境構築極意」の完璧なストレージ環境を整えトラブルを回避するを参照)

 購入する際のカスタマイズ時にSSDとHDD、またはSSDとSSDなど、制作環境に合わせて自由自在に選択可能です。もちろん容量も好みに合わせて選択可能です。

最大メモリー搭載16GB

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載

最大で16GBまで搭載可能でプラグインを多用したり、多くのトラックを使用する制作環境にもフレキシブルに対応可能となっています。

外出先でも本格的な音楽制作が可能で、作曲のみならず、レコーディングやミックスダウンといったヘビーでエンジニア志向な作業にも耐えうる性能が伺えます。


持ち運びが手軽な15インチモデル

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載

頻繁に持ち運びを繰り返すような、移動がメインの制作にも応えてくれる15インチ仕様となっています。

狭いスペースの多いライブハウスでの使用などでは大変重宝するサイズではないでしょうか?
また、自宅での制作時でも、シンセの鍵盤など楽器メインの制作環境の場合、PCの設置場所に困ったりする場合も少なくありません。自宅に広いスペースがないという方にも是非おススメです。

マルチディスプレイ対応

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載

外部モニターの接続端子に、D-subとHDMIがあり、ノートパソコン本体のディスプレイを合わせて一度に3つのディスプレイで画面表示が可能です。

一台のディスプレイでは目的の作業をする為にウィンドウをその都度切り替えながらの作業が中心となりますが、マルチディスプレイでは1つ目のディスプレイにはミキサー画面、2つ目のディスプレイにはトラックウィンドウ、3つ目のディスプレイには波形編集画面など、1つの画面を広く贅沢に使用出来るので制作効率も大幅に向上します。
また、レコーディング時などでは、エンジニア用ディスプレイ、演奏者用ディスプレイ、ディレクター用ディスプレイ、とそれぞれ違った画面を表示する事も、もちろん可能です。パンチイン、パンチアウトの場所や、再生開始場所など明確な意思疎通が図れ、非常にシームレスなレコーディングが行えます。


DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載

 

 

GALLERIA(ガレリア)QF765HEを組み込んだおススメ構築例

GALLERIA(ガレリア)QF765HEの魅力とは、やはり万能でありながらも1つ1つが高性能で、様々な制作環境に柔軟に対応してくれる点にありますが、では、具体的にどのようなDTM環境に応えてくれるのでしょうか?

 

そこでまず、GALLERIA(ガレリア)QF765HEを使用しDTM環境を整えるにあたってチェックしておきたいポイントは、

 

「どこに何をインストールするのか?」
「どこに何を接続するのか?」

 

この2点です。本機には2基の内蔵ドライブ4基のUSB接続端子が備わっており、構築したい制作環境によって様々な組み合わせが可能です。そしてこれがGALLERIA(ガレリア)QF765HEの最も得意とする汎用性ですので、1度整理してじっくり考えてみましょう。

自宅での制作を基盤とするフル装備パターン

内蔵ドライブ1

【OSとシーケンサー、ソフトウェア音源群】
OSはWindows8、Windows7が選択可能なため、どちらをインストールするかは周辺機材によって選択します。(Windows8の現在の環境について詳しくはDTMパントリーBlogDTMをやるなら押さえておきたいWindows8導入か否かを参照)

内蔵ドライブ2
音源ライブラリーや楽曲制作
2基のUSB2.0
  1. 鍵盤などMIDI機器との接続、バックアップ用の外付けハードディスク、または外付けSSD、そしてDAWソフトの認証キーが必要な場合はUSBハブを介して接続
  2. オーディオインターフェース
  3. 高性能マウスまたはトラックボール
2基のUSB3.0
  1. 音源ライブラリー用外付けドライブ
  2. 楽曲バックアップ用ドライブ

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載
GALLERIA(ガレリア)QF765HEを取り巻く全体像


 

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載管理人コメント

上記の例では、GALLERIA(ガレリア)QF765HEがDTMで発揮できる性能をフルに活かした構築例です。ほぼ全ての制作に応えてくれますが、接続の選択肢も多岐にわたる分、判断に悩むところです。例えば、音源ライブラリーを内蔵ドライブ2にインストールし、楽曲の制作は外付けSSDで行うのか、その逆にするのか等です。音源ライブラリーの容量が大きければ外部に、少なければ内蔵ドライブ2にインストールし楽曲の制作と音源ライブラリーを同じ内蔵ドライブ2で稼働させ移動のフットワークを重視するといった選択もあります。

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載メリットについて語る
自宅でのメイン機として充分に性能を発揮でき使い勝手も良いので、自宅がメイン、あとは外出先で少し使用するといった場合に対応できる点が大きなメリットです。

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載デメリットについて語る
自宅でのメイン機として使えるだけに、かえってコストパフォーマンスが懸念されます。やはり自宅をメインにするのであれば、ノートパソコンよりもコストパフォーマンスが良く、拡張性に優れたデスクトップパソコンが有利であると言えるでしょう。殆ど自宅での作業であれば上記の様な構築例は望ましくありません。


主な使用機材
DAWソフト

STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase 7

STEINBERG(スタインバーグ)
Cubase 7
ミュージシャン絶賛モデル

STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Artist 7

STEINBERG(スタインバーグ)
Cubase Artist 7
作曲志向なツールが豊富

STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Elements 7

STEINBERG(スタインバーグ)
Cubase Elements 7
気軽にスタート入門用DAW

MOTU ( マークオブザユニコーン ) / Digital Performer 8

MOTU(マークオブザユニコーン)
Digital Performer 8
Winにも対応で注目!

AVID ( アビッド ) / Pro Tools 10/11

AVID(アビッド)
Pro Tools 10/11
エンジニア定番ソフト

AVID ( アビッド ) / Pro Tools LE to Pro Tools 11

AVID(アビッド)
Pro Tools11 LE
実用的なLEモデル

 

外付けドライブ

バッファロー SSD-PE64U3-BK(ブラック) ターボPC EX USB3.0接続 外付けSSD 64GB

バッファロー SSD-PE256U3-BK(ブラック) ターボPC EX USB3.0接続 外付けSSD 256GB

GREEN HOUSE グリーンハウス USB3.0接続の小型軽量外付けSSD 128GB GH-SSDE128GU3A

GREEN HOUSE グリーンハウス USB3.0接続の小型軽量外付けSSD 256GB GH-SSDE256GU3A

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載

 

スタジオなど外出先でのレコーディングがメインのパターン

内蔵ドライブ1

【OSとシーケンサー、ソフトウェア音源群】
OSはWindows8、Windows7が選択可能なため、どちらをインストールするかは周辺機材によって選択します。(Windows8の現在の環境について詳しくはDTMパントリーBlogDTMをやるなら押さえておきたいWindows8導入か否かを参照)

内蔵ドライブ2
楽曲の制作、音源ライブラリー
USB2.0一基使用
  1. DAWソフト認証キー
  2. オーディオインターフェース
USB3.0を一基使用
  1. 音源ライブラリー用外付けドライブ

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載
GALLERIA(ガレリア)QF765HEのレコーディング仕様


 

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載管理人コメント

移動する事がメインというポイントを押さえ、MIDI機器の接続を省いた分少しシンプルになっています。内臓ドライブの使い方はほぼ同じです。音源ライブラリーの容量が多ければ外付けドライブ、少なければ内蔵ドライブ2にインストールし楽曲制作スペースと共有する事で、外付けドライブの持ち運びがなくなり、移動のフットワークが向上するでしょう。
DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載メリットについて語る
何と言ってもシンプルなのがメリットです。制作の方向性が定めきれない初心者の方でも、順を追って機材を追加していく事が出来るのが良いですね。完全に生演奏のみをレコーディングするのであれば、エンジニアご用達のDAWソフトAVID(アビッド)Pro Tools 10/11や、Pro Tools LEを1つインストールしておけば、あとはモバイルタイプのオーディオインターフェイスがあれば充分ですし、ソフトウェア音源などを絡めたレコーディングであれば、作曲制作ツールが充実したSTEINBERG(スタインバーグ)Cubase Artist 7をインストールしておけば、快適なレコーディングが望めるでしょう。後々、ミックスダウンやレコーディングに重きを置いた制作になる場合は、さらにクォリティーの高いプラグインをインストールすれば良いですし、作曲やアレンジなどの楽曲制作に重きを置いた制作になる場合は、本格的なソフトウェア音源をインストールし内蔵ドライブ2または外付けドライブに音源ライブラリーをインストールすれば目的に沿った、より実用的なDTMシステムが構築できるでしょう。非常にベーシックな構築例ですので取りあえず買ってみて、触れていくうちに自身の興味の方向性を知っていくというタイプの方にもおススメです。

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載デメリットについて語る
デメリットを見いだせないくらいにシンプルな構成なのですが、敢えてデメリットを挙げれば、最初から制作の方向性がハッキリとしている場合はお勧めできません。方向性が決まっているのであれば必要な機材も見ているはずですし、必要なメモリー容量、SSDの容量、オーディオインターフェイスのチャンネル数なども見えているはずなので、過不足なく的確なコスト管理・スペック管理が必要になってきます。順を追って機材を追加購入していくといった事には向いていないかもしれません。


 

主な使用機材
DAWソフト

STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase 7

STEINBERG(スタインバーグ)
Cubase 7
ミュージシャン絶賛モデル

STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Artist 7

STEINBERG(スタインバーグ)
Cubase Artist 7
作曲志向なツールが豊富

STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Elements 7

STEINBERG(スタインバーグ)
Cubase Elements 7
気軽にスタート入門用DAW

MOTU ( マークオブザユニコーン ) / Digital Performer 8

MOTU(マークオブザユニコーン)
Digital Performer 8
Winにも対応で注目!

AVID ( アビッド ) / Pro Tools 10/11

AVID(アビッド)
Pro Tools 10/11
エンジニア定番ソフト

AVID ( アビッド ) / Pro Tools LE to Pro Tools 11

AVID(アビッド)
Pro Tools11 LE
実用的なLEモデル

 

外付けドライブ

バッファロー SSD-PE64U3-BK(ブラック) ターボPC EX USB3.0接続 外付けSSD 64GB

バッファロー SSD-PE256U3-BK(ブラック) ターボPC EX USB3.0接続 外付けSSD 256GB

GREEN HOUSE グリーンハウス USB3.0接続の小型軽量外付けSSD 128GB GH-SSDE128GU3A

GREEN HOUSE グリーンハウス USB3.0接続の小型軽量外付けSSD 256GB GH-SSDE256GU3A

 

 

 

 

 

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載

基本構成スペック

モデル名 GALLERIA QF765HE
CPU インテル Core i7-4700MQモバイル・プロセッサー
(クアッドコア, 定格 2.40GHz,ターボ・ブースト時最大 3.40GHz,
6MB L3キャッシュ, インテル ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
メモリー 容量・規格 8GB PC3-12800(※1)
(DDR3L SO-DIMM, 4GB x2, デュアルチャネル, 最大 16GB)
スロット数 2 (空き 0)
マザーボード モバイル インテル HM87 Express チップセット
ディスプレイアダプター
(ビデオカード)
NVIDIA GeForce GTX 765M 2GB + インテル HD グラフィックス
(NVIDIA Optimus テクノロジーによる切り替えに対応)
ディスプレイ 15.6 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ(※3)
(1920 x 1080 ドット表示)
ハードディスク 500GB, 5400rpm, 2.5インチ, SATA 3Gb/s 接続 (SATAII)
光学ドライブ - DVDスーパーマルチドライブ , SATA 接続
書き込み DVD-R(x8), DVD-RW(x6), DVD+R(x8), DVD+RW(x8),
DVD-R DL(片面2層書込み/x4), DVD+R DL(片面2層書込み/x4),
DVD-RAM(x5)(※4), CD-R(x24), CD-RW(x24)
読み出し CD-ROM(x24), DVD-ROM(x8)
サウンド オンボード HD サウンド, ステレオスピーカー内蔵
有線LAN 10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T LAN
無線LAN IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0 + HS
I/O USB 2.0 2
USB 3.0 2
映像出力 HDMI x1, D-Sub 15 x1
サウンド マイク入力 x1, ヘッドフォン出力 x1 (ステレオミニプラグ)
内部I/O SATA 6Gb/s 1
mSATA 6Gb/s 2
カードスロット カードリーダー SDカードリーダー
ウェブカメラ HD画質 WEBカメラ
キーボード 日本語キーボード (テンキー付き)
ポインティングデバイス タッチパッド
サイズ 383.0(幅)×249.5(奥行き)×37.6(高さ) mm
重量 約 2.4kg(バッテリー含む)
バッテリー リチウムイオンバッテリー (約 3.96時間)
セキュリティ 盗難防止用 KensingtonLock取付け口
OS Windows8.1インストール済み
保証 1年間 持込修理保証

DTM,DAW,パソコン,ノートパソコン,BTO,GALLERIA,ガレリア,QF765HE,ツインドライブ,15インチ,SSD搭載


DTMパントリーは皆様にとってよりよいサイトを目指しております。誠にお手数ではございますが、サイト向上の為、当サイトについてアドバイス、訂正箇所、誤認、などございましたらこちらまでご連絡下さいませ。

GALLERIA(ガレリア)QF765HE|DTMに最適な15インチツインドライブ搭載ノートパソコンの項に関連するページ

Progress UXG PG-CLP57G68SLI-SX
Note Critea VF17H2 - ノート クリテア VF17H2

トップページ 管理人コラム