SSD・HDDの危険要素や特徴と役割|DTMパソコンの選び方



ドスパラタワー型ゲーミングパソコン
ドスパラノート型ゲーミングパソコン

ドスパラノート型パソコン
ドスパラタワー型パソコン


DTMにおけるSSD・HDDの危険要素について

スポンサード広告

具体的にSSDかHDDかを選定していく前に、DTMで使用するSSDやHDD(以下:ストレージ)の役割と特徴、その危険要素について学んでおきましょう。

 

一般的に使用するネットサーフィン、メモ、EXCELで表計算、Outlook等のメーラーの様な瞬間的なアクセスとは違い、DTMで使用するストレージはレコーディング時はデータを記録し続け、再生時はデータを読み込み続けるといった継続的なアクセスを主としています。

 

ですから、一般的な使い方より過度な負担がストレージにはかかり、寿命も遥かに短いと考えておきましょう。完全に消耗品であると捉え、突発的なクラッシュからデータを守り、被害を最小限にとどめる準備はしておきたいところです。

 

SAVEをしようとした直前、いち早くイメージを形にしたいと思った直後など、ストレージがクラッシュするタイミングは最も嫌なタイミングで訪れます。

 

SSD・HDDの特徴

そして次にSSDとHDDの特徴についても前提知識としてそれぞれ簡単に理解しておきましょう。
簡潔に述べると、近年主流となっているSSDは静穏性に優れ読み書きの速度、いわゆる転送速度は速いですが高コストであり、HDDはSSDに比べ稼働時の騒音が大きく転送速度も遅い反面、低コストで大容量搭載が可能になります。

HDDの特徴

ハードディスクの中

HDDはプラッタと言う磁気ディスクをモーターで高速で回転させ、磁気ヘッドで読み書きをするという、いわばレコードやCDの様な稼働を密閉された箱の中で行っています。

 

その為、モーター音やディスクの回転音がします。結果、実際に機械を動作させるための消費電力や発熱が高くなり、駆動時間でアクセスに時間がかかり、精密な稼働を要するため振動や衝撃に非常に弱くなります。

 

SSDの特徴

ハードディスクの中SSD

SSDは基盤とメモリチップで構成されており、信号での読み書きを行います。実際に機械を動作していないため消費電力や発熱が低く、アクセスも速く、振動や衝撃にも強くなります。

 

その反面、静電気など電気的な干渉に非常に弱くなります。また、SSDのメモリチップは物理的な経年劣化があり、長期にわたるデータ保存(10数年間といった保存)には向いていません。

 

さらに、SSDには書き換えという概念がありません。記録したデータを書き換えるのではなく、一旦消去して新しくデータを記録するという概念です。ですから、新品のSSDをどんどん記録していく時は良いのですが、使っていくうちに、自然、消去作業も増えていく為、次第に速度は低下していくというわけです。

 

以上の事から、DTMで使用するストレージをそれぞれ下記のようにまとめておきます。

 

SSDはスピードが求められるものに有効

 パソコンやソフトウェアの起動、音色の読み込み等

 

HDDは長期保存に有効

 楽曲データの保存、または中長期のバックアップ等

 

DTMにおけるストレージの役割とは

前述まではストレージそのものの基礎知識を学んできましたが、次はDTMにおけるストレージとはどんな役割をするのかについて再確認しながらみていきましょう。

 

DTMにおけるストレージの役割

  1. OS、DAWソフト、音源ソフトのインストール
  2. 音色ライブラリー、サンプリングライブラリーの保存
  3. 楽曲の保存

 

ハードウェアシンセなどをお持ちの場合で、今後ソフトウェア音源の利用の予定がない方、または生演奏しかレコーディングしない方などは2の項は考えなくてもよいでしょう。
その場合を除き、必要最小限でこれらの役割がありますが、これらを一台のストレージで賄うには負担が大きすぎます。

 

OSからのアクセス、録音、再生、音色ライブラリーの読み込み等、様々なアクセスが一台のストレージに集中し、本来の性能を発揮することができません。読み書きの回数も莫大なものになりますので、寿命も短くなります。また一度のストレージクラッシュで全てが無に帰してしまうという事にもなりかねません。

 

DTMの世界では一台のストレージに役割を集中させるのではなく、複数のストレージに役割を分散する事が、アクセスの集中とリスク分散の観点から非常に重要になってきます。


DTMパントリーは皆様にとってよりよいサイトを目指しております。誠にお手数ではございますが、サイト向上の為、当サイトについてアドバイス、訂正箇所、誤認、などございましたらこちらまでご連絡下さいませ。

スポンサー広告


トップページ 管理人コラム