入門用DTMシステムの最適な条件とは!初心者の為のDTM講座



ドスパラタワー型ゲーミングパソコン
ドスパラノート型ゲーミングパソコン

ドスパラノート型パソコン
ドスパラタワー型パソコン


音楽制作が、作曲、アレンジ、デモ制作と、一通りできる事

スポンサード広告

まずは、音楽制作の一通りが出来る事が絶対条件となってきます。高価な一流品ばかりに捉われず、制作を滞らせない事が必要不可欠です。ミュージシャンとしては、楽曲制作やレコーディングが本分であるので、予算と照らし合わせた最終的な判断は機材単体のクォリティーより、DTMをまずは構築するという事が大切になってきます。

 

例えば予算が30万円であれば、パソコンやDTMソフト、オーディオインターフェースなどを含めた必要な機材をすべて予算の範囲内で購入する事が望ましく、30万円でモニタースピーカーを1組購入し、後はお金が貯まってからなどと言っていてはミュージシャンとしての制作者の本分から大きく外れてしまう事になります。

 

DTMによる制作の一連の流れはハイグレード、ハイスペックな機材になっても理論は同じで、マイクやライン入力でオーディオインターフェースを介し、DAWソフト(HDD・SSD)に録音し、モニタースピーカーやヘッドフォンで音を聴きながら編集または作曲やアレンジを行う。次にオーディオデータのサンプリングレートやビットレートをCD規格にコンバートし、CDに焼く。

 

と云った基本的でオーソドックスな流れは今も昔も、そしてプロが使用するような高価なシステムでも同じです。

 

初めに全てを揃えてしまう事によって、プロなどの詳しい知識を持った人と1つの共通点を持つことが出来ます。これはプロとの共通点を多く持てば、よりプロに近づくことができるという事ではなく、システムの全体像が見えやすい分、悩んだ時に相談がしやすく、実質的なアドバイスを得やすいということです。

 

実際にDTMを始めてみると良くある事ですが、例えば、オーディオインターフェースを買い替えたい!と思った時、レコーディングスタジオのエンジニアの率直な使用感や実際に耳にしたスタジオでの音を参考にし、購入を決める事も少なくありません。

 

メリットは他にもあり、機材購入時だけではありません。DTMの様なデジタルな音楽制作、反対にアナログ主体の音楽制作、それらに関わらず、音楽制作そのものが、工夫力の集大成ですので、先人の工夫力を上手に吸収し自分の音楽制作に活かしていく事が大切です。

 

特にプラグインなどは、同じプラグインでも使う人間によって良くも悪くもなります。自身の閃きを信じる事も大切ですが、先人にアドバイスを貰う事により、大きく頷ける結果をもたらす事が沢山あるでしょう。

 

DTMは楽曲制作の可能性を広げたり、アレンジへの工夫力を高めたりと、ミュージシャンのインスピレーションを深く刺激してくれる事はもちろんですが、アナログ制作とは全く違う為、いち早くDTMでの制作の流れに慣れ親しみ、経験を積むという事が非常に重要になってくるわけです。


DTMパントリーは皆様にとってよりよいサイトを目指しております。誠にお手数ではございますが、サイト向上の為、当サイトについてアドバイス、訂正箇所、誤認、などございましたらこちらまでご連絡下さいませ。

スポンサー広告

入門用DTMシステムの最適な条件 その1・作曲、アレンジ、デモ制作と、音楽制作が一通りできる事の項に関連するページ

将来、本格的な機材を導入しても無駄にならず利用できる事

トップページ 管理人コラム