DTM大作戦!初心者の為のDTM講座



ドスパラタワー型ゲーミングパソコン
ドスパラノート型ゲーミングパソコン

ドスパラノート型パソコン
ドスパラタワー型パソコン


DTM初心者の為の制作極意

スポンサード広告

こちらは筆者が今までの失敗や経験を生かしたDTM・DAWを使用しての制作に関する考え方など制作極意を列挙しました。制作時の一つの指針としてお役立て下さい。

 

アナログとデジタルそれぞれのベンチマークを上手くクロスさせる

「ベンチマークのクロス」つまり、それぞれの性能の良さの美味しいトコ取りをしようという事です。アナログは人間的で不規則な音楽的要素、デジタルは緻密で規則性のある音楽的要素。これを再認識して制作に携わり、優れた合理化を図りましょう。例えば、
「同じ作業の繰り返しを回避する」
「最高の瞬間を確実に記録する」
「ファイルやフレーズを探す手間を簡略化する」
「体調管理と同様、メンテナンスを怠らない」
「同じ音符でも実際に演奏したものと打ち込んだものとで、どうような違いがあるかを認識しておく」
など、作業はデジタルベース、感性はアナログベースの意識付けをしっかりとしておく事で、制作時間の比重を感性の方角へと傾ける事が可能になります。


DTMパントリーは皆様にとってよりよいサイトを目指しております。誠にお手数ではございますが、サイト向上の為、当サイトについてアドバイス、訂正箇所、誤認、などございましたらこちらまでご連絡下さいませ。

スポンサー広告

 

DTM初心者の為の制作極意記事一覧

説明書に翻弄されない

説明書を見る時間をなるべく削減しましょう。DTM・DAWソフトには特に分厚い説明書や、ページ数の多いPDFファイルが必ず付属されています。これらをまず読んでから操作に入るのではなく、まず操作をして、わからなければ調べるようにしましょう。現在のDTM・DAWソフトは多くの場合ヘルプメニューがあります。...

≫続きを読む

本分は音楽制作にあり、機材を初めから熟知する事ではない

インスピレーションを快適に具現化できる手段としてDTM機材が存在する為、機材の全てを知る必要はありません。やりたい事が出来ればそれで良いのです。時間効率の面からも知識のデッドスペックは避けましょう。ですが、機材の機能を知る事で、新たなインスピレーションが生まれる事も確かです。ですから、制作をしながら...

≫続きを読む

サンプリングレートとビットレートの選定基準を明確に持とう

DTM・DAWで制作するにあたって、サンプリングレート(サンプリング周波数)とビットレート(量子化ビット数)の選定基準を自分の中で明確に持つことが非常に重要になってきます。高精度でデジタル化(標本化)出来るからといってハイサンプリングレートを選択したり、最終的にCDに落とすのだから44.1Khz/1...

≫続きを読む


トップページ 管理人コラム