DTM大作戦!初心者の為のDTM講座



ドスパラタワー型ゲーミングパソコン
ドスパラノート型ゲーミングパソコン

ドスパラノート型パソコン
ドスパラタワー型パソコン


1万円前後のDAWソフトにも魅力はいっぱい

スポンサード広告

一般的には初心者向けとされているエントリーモデルのDAWソフト群ですが、実際の利用手段は様々で、DAW制作の中・上級者にも愛用されています。
そこで、今回は幅広く利用されているエントリーモデルとは一体どんな環境の人が利用しているのか?どんな人に向いているのか?を見ていき、DAWソフトを購入する際の本質を考えていきたいと思います。

エントリーモデル利用者の様々な環境

オーディオトラック数、MIDIトラック数や、付属するソフトウェア音源数など機能に制限がある製品が多いものの、作曲、アレンジなど音楽制作をする為の基本的な機能は一通り揃っています。

 

価格も手頃で安価なものが多い事から、初心者が導入しやすい為、一般的にエントリーモデルは初心者向けと言われています。市場価格も1万円前後で購入できるものが多く、手軽に導入しやすいという事もあり、音楽制作初心者の利用者が多いのが実状です。

 

レコーディング、MIDIデータの打ち込みからミックスと、音楽制作の一連の流れやDAWソフトの仕組みを知る事ができ、中には今日初めて音楽を作るという初心者の方にも解りやすいソフトもある為、初めは気軽に楽しむ気持ちで始めたDTMのはずが、いつのまにかドップリはまり込んでしまったという人も少なくありません。

 

また、機能が制限されているという点を逆手にとって、そのコストパフォーマンスを利用した音楽制作の中・上級者の方の利用ケースも多く見られます。本番の生演奏を想定したデモ制作用として利用、MIDI制作のみでの利用、頭の中にあるイメージを特定の誰かに解りやすく伝える為のツールとしての利用など、プロデューサーや作曲者、アレンジャーといった本格的に制作するという方ではなく、現場のプレイヤー(演奏者)が利用するといった事も多くあります。

 

機能が制限されている分、パソコンに求められるスペックも高くない為、パソコンの購入費用も抑えられるので、11インチ~13インチ程度の小型ノートパソコンで移動しながらMIDI制作をしているプロも存在します。

どんな方に向いているか

演奏経験、制作経験、作曲経験が全くない初心者の方

音楽はもっぱら聴く側の立場でしか触れた事がないという全くの初心者の方でも、鼻歌入力機能や自動伴奏機能が付いたDAWソフトがある為、スペックに見合うパソコンさえあれば、パソコンとDAWソフトだけで買ったその日に作曲を始められます。

 

二つ目のサブソフトとして

本格的な制作は自宅のDAWソフトで行い、外出先や移動中でのサブ用として利用するのに適しています。基本的なソフト音源が付属されているものがほとんどなので、まずはそれを使ってMIDIデータを打ち込み、本格的な音色選びは自宅のDAWソフトで行うといった事が可能です。また、オーディオインターフェースを一緒に持ち運べばレコーディングも簡単に行え、制作のフットワークも飛躍的に向上します。

 

バンドマンに最適

ラフなデモ楽曲を簡単に作成できるので、最終的なアウトプットは生演奏だという方には特に重宝するでしょう。オーディオインターフェースがあればライブハウスでシンセサイザーなどと同期演奏ももちろん可能になります。また、スタジオでメンバー全員で楽曲のアレンジの再考をする場合など、変更したいイメージをその場で具体的に伝える事が出来るというのも大きな魅力の1つです。

今現在必要である機能が備わっているかどうかを判断基準にする

このように、エントリーモデルは様々な環境で、初心者から上級者まで幅広く愛用され、向き不向きも様々というわけなんですね。この事からも、初心者を卒業した後も長く使えるDAWソフトであると言えるでしょう。

 

ですから、一概に初心者用だから。。といった判断基準はあまり賢明な選択ではないのかも知れません。将来必要になってくるかもしれない機能を求めるより、今現在必要である機能が備わっているかどうかを判断基準にし、あれもこれもではなく、ピンポイントで狙いを定める事が大切です。

 

振り返ってみればエントリーモデルで充分だったという事がないように、もう一度冷静に考えなおしてみましょう。後々、必要になってくる機能に対しては、もちろん予算に余裕があるのなら、さらに高機能なソフトに買い替えたり、買い足すという事も良いです。

 

ですが、お金を使わずとも工夫力で補える事も少なくありません。試行錯誤し工夫力を養う事も音楽制作において大変実りのある結果をもたらしてくれる事は間違いありません。

 

それでは、次回は実際にどういったソフトがあるのか?それぞれ見ていきたいと思います。


DTMパントリーは皆様にとってよりよいサイトを目指しております。誠にお手数ではございますが、サイト向上の為、当サイトについてアドバイス、訂正箇所、誤認、などございましたらこちらまでご連絡下さいませ。

スポンサー広告

1万円前後のDAWソフトにも魅力はいっぱいの項に関連するページ

DAWソフトを選ぶにあたって最も大切な事
目的を見極め本当に必要なDAWソフトを購入しよう

トップページ 管理人コラム