DTM大作戦!初心者の為のDTM講座



ドスパラタワー型ゲーミングパソコン
ドスパラノート型ゲーミングパソコン

ドスパラノート型パソコン
ドスパラタワー型パソコン


目的を冷静に見極めよう

スポンサード広告

DAWソフト選びを複雑化させている原因の1つに、目的を見失うという事があります。
世の中には様々な素晴らしい機能を備えたソフトが沢山ある為、選んでいる間に頭の中で制作の可能性が一気に広がり、あれも面白そう、これも面白そうとなりがちです。

 

ですが、もう一度原点に立ち返り、

 

「目的は何であるか?」

 

を冷静に見極め、目的を見失わない事が重要です。

 

また、

  • 「プロを目指すからなるべくハイスペックなものを」
  • 「趣味として作曲を楽しむから安価なもので」

といった、最初から価格基準で選ぶのではなく、

 

「どのような事をしたいのか?」

 

という基準で選ぶことが大切です。
クラブシーンでは欠かせないDJツールに興味があるなら、あらかじめループサウンド編集に特化しているDAWソフトが必要です。

 

ミキシングエンジニアのプロを目指すのであれば、オーディオトラック数、MIDIトラック数ともに無制限で、オーディオ編集に不自由を感じないものが必要です。
書き込めるオートメーションに制約があったり、UNDO(アンドゥ)、REDO(リドゥ)に回数制限があるDAWソフトは全て除外しなければなりません。そしてワークフローも大切で、DAWソフトの完全移行、つまり乗り換えをしない前提で選ぶ事も重要です。買い替える度に説明書を見ていては操作スピードが重視される現場では対応できないでしょう。

 

また、音楽を初めたばかりで、コード進行も解らなければ、アンサンブルも解らないという音楽制作自体が初心者の方や、アレンジよりも、メロディーラインの作曲に興味がある方は、自動伴奏機能や、鼻歌入力機能が備わっているDAWソフト・作曲ソフトが良いでしょう。

 

このように、大まかに的を絞った後に、少しずつ価格を絡めて比較検討していきます。

 

DAWソフトをモデル別に3つに区分する

膨大なDAWソフト群の中から、実際に一つ一つ調べていくとなると時間がいくらあっても足りません。
そこでまずは、膨大なDAWソフト群を3つに大別し、それぞれの特徴について見てみましょう。

 

エントリーモデル(下位モデル)市場価格相場1万円前後

オーディオトラック数、MIDIトラック数や、付属するソフトウェア音源数など機能に制限がある製品が多いものの、作曲、アレンジなど音楽制作をする為の基本的な機能が一通り揃っており、価格も手頃で安価なものが多い事から、初心者が導入しやすいラインナップ。一般的には初心者向けとされているエントリーモデルのDAWソフト群ですが、実際は一体どんな環境の人が利用しているのか?どんな人に向いているのか?を見ていきます。
>>>1万円前後のDAWソフトにも魅力はいっぱい

 

ミッドレンジモデル(中位モデル)市場価格相場1万~3万円前後

エントリーモデルよりも機能制限が少し緩和されているものが多く、エンジニアよりもミュージシャンの利用が多いモデルです。

 

フラッグシップモデル(上位モデル)市場価格相場4万~6万円前後


DTMパントリーは皆様にとってよりよいサイトを目指しております。誠にお手数ではございますが、サイト向上の為、当サイトについてアドバイス、訂正箇所、誤認、などございましたらこちらまでご連絡下さいませ。

スポンサー広告

目的を見極め本当に必要なDAWソフトを購入しようの項に関連するページ

DAWソフトを選ぶにあたって最も大切な事
1万円前後のDAWソフトにも魅力はいっぱい

トップページ 管理人コラム