DTM大作戦!初心者の為のDTM講座



ドスパラタワー型ゲーミングパソコン
ドスパラノート型ゲーミングパソコン

ドスパラノート型パソコン
ドスパラタワー型パソコン


DTM初心者の為の機材購入極意

スポンサード広告

より望ましい機材購入をしていただく為に、以下に筆者が今までの失敗や経験を生かした合理的な方法やDTM機材の購入方法に対する考え方を列挙しました。DTM機材購入時の一つの指針としてお役立て下さい。

 

使用用途を明確にし必要のないもの(またはスペック)は買わない

ハードディスク、SSD、メモリーなどの容量の過剰搭載はデッドスペックになり大変予算の無駄遣いになってしまいます。価格の高い買い物をする際に陥りやすいのが、お金の感覚が麻痺してしまう事です。例え少しの差でも、その分でCDを買えたりするので、使用用途を明確にし適切な予算配分を行いましょう。

 

MIDI作品を制作するのか、オーディオ作品を制作するのかを決めておく

購入する機材が全く異なる場合がありますので、MIDI作品を制作するのか、オーディオ作品を制作するのか、または両方なのかを予め決めておく必要があります。例えば、MIDI制作のみを行うのであれば、オーディオインターフェースは不必要となり、代わりにMIDIインターフェースが必要になります。現在はMIDIインターフェースの殆どが、パソコンにプログラムとしてインストールして使用するのが主流です。ですから、MIDIキーボードをパソコンに接続してパソコン内のソフトウェア音源から音を出し演奏する事が目的であれば、MIDIとパソコン間はUSB接続のみで可能ですので、他に機材を購入する必要がない場合もあります。ただ、パソコンから出力する音に高音質を求める場合は、元々備わっているイヤフォン端子では満足できない可能性が考えられますので、出力用としてチャンネル数の少ないオーディオインターフェースを購入する必要があります。
このように、MIDI作品を制作するのか、オーディオ作品を制作するのかを決めておくと、より多くの選択肢の可能性を考える事が出来るようになるわけです。

 

予算に合わせるのではなく、まずは必要なものに予算を合わせる

例えば20万円の予算があったとします。その中でDTMソフト、ノートパソコン、オーディオインターフェース、etc...の様に予算に見合うグレードの機材を選択していくのではなく、まずは自分が欲しい、または必要だと思うグレードの機材を1つずつ選択していく事が重要です。ですが全ての機材をフラッグシップ、いわゆるメーカーが発売している最高水準の機材を目指す必要はありません。作り上げたい環境が整えば良いわけです。メーカー最高水準、つまりファーストラインの機材から自分のいらない機能を探し、セカンドラインへ、サードラインへとダウンスペックを思考していくわけです。そうする事で視野を広く保つ事ができ、冷静に無駄なスペックや機能をカット(排除)出来るわけです。予算に合わせた購入方法を行うと、どうしても価格で機材を判断してしまう傾向が強くなります。大切なのは、自分の目指したい、構築したい環境を無駄のない予算で整える事が重要なのです。

 

一つ一つ機材を買うのではなく買う時は一気に買う事が望ましい。

機材は進化し続けている為、パソコンの性能が上がればソフトウェアの性能も上がります。少しづつ機材を買い足す事は一見堅実な購入方法と感じますが、実はパソコンの性能が追い付かなくなるという可能性が浮上します。例えば、パソコンとDAWソフトを同時に買い、ソフトウェア音源を後々になって買うといった場合、ソフトウェア音源がバージョンアップする可能性があり、パソコンに求められる性能が大幅にアップする場合があります。アップデートなど小さなバージョンアップでしたら大抵の場合問題はありませんが、アップグレード規模(いわゆる○○2→○○3にアップグレードなど)になると大幅な機能改善や機能拡張が行われている事が多いので注意が必要です。そうなると動作が不安定になり安定した音楽制作が望めなくなってしまいます。特に注意しなければいけないのは、OS(オペレーションシステム)のアップグレードです。MacOS10→MacOS11(仮)へ、Windows7→Windows8(仮)へなどの様なアップグレード、またはアップグレードするであろうという市場の流れが予想される場合は慎重にならなければなりません。過去の例では、MacOS9→MacOS10、WindowsXP→WindowsVista、これらアップグレードは、当時DTMシーンにおいてかなりの影響がありました。具体的な影響とは、ソフトウェアが最新のOSに対応していないという事です。この時期に新規でDTMを導入すると、インストールできるソフトウェア音源が無い、使いたいソフトウェア音源をインストール出来るパソコンが存在しないといった事になります。もちろん一時的なもので、徐々に改善はされていきますが、それでも正式に対応されるまで時間を要することになります。ですから購入タイミングとしては、OSが非常に安定している時期に揃えたい機材を一気に購入する事が重要となるでしょう。

DTMパントリーは皆様にとってよりよいサイトを目指しております。誠にお手数ではございますが、サイト向上の為、当サイトについてアドバイス、訂正箇所、誤認、などございましたらこちらまでご連絡下さいませ。

スポンサー広告

 

DTM初心者の為の機材購入極意記事一覧

完璧なストレージ環境を整えトラブルを回避する

DTM・DAWでの音楽制作はストレージデバイスへの負荷を如何に軽減させるかがポイントとなり、作業スピードや効率、制作・編集時のストレスに大きく関わってきます。DTM・DAWの世界で一番危険なのは、OS、楽曲制作、楽曲保存を1つの同じストレージデバイスでまとめてしまう事です。これでは、データクラッシュ...

≫続きを読む


トップページ 管理人コラム